食べたもので体はできています。

こんにちは、阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ の高見です。

 

連日の猛暑ですっかり食欲がなくなり、さっぱりしたものしか受け付けない。。。

食欲不振になると、そうめん、ざるそば、冷やし中華、冷静パスタなど、食事は冷たい麺類でサラッと済ませる機会が多くなりがちに。

 

そんな食生活を続けていると秋に体調を崩してしまうことになります。

 

そうめんやそばなどの麺類は炭水化物です。

炭水化物は糖質なので大事なエネルギー源ですが、過剰にとり過ぎるとエネルギーとして使いきれなかった分が脂肪として体内に蓄積されてしまいます。

 

また、炭水化物を効率よくエネルギーとして利用できないと疲労物質が発生し、ダルさや倦怠感を感じるようになります。

 

夏太りや夏バテは、糖質中心の食生活が大きな原因です。

これだけ暑いと体を積極的に動かすことも少なくなりますしね。

 

どうしても炭水化物が増えてしまう夏場は、ビタミンB1を一緒にとることをお勧めします。

 

糖質がエネルギーに代謝されるときに、ビタミンB1が必要になります。

炭水化物を過剰に摂取していると、ビタミンB1はドンドン減ってしまいます。

ビタミンB1が不足すると、糖質の代謝がうまくいかなくなり、疲れやすくなってしまいます。

また、水分の代謝にも関わっているので、足のむくみの原因にもなります。

 

ビタミンB1が豊富に含まれているのは豚肉です。

夏場に豚肉は脂っこいなぁ。。。

コレステロールが気になるなぁ。。。

などで豚肉を避けていると体調不良をまねくかも知れません。

 

炭水化物が大好きな方は気をつけて下さいね。

 

炭水化物に偏った食生活を続けていると、カロリーはとり過ぎなのに体に必要なタンパク質やミネラルが不足して、太っているのに栄養不足という結果になりかねません。

 

年齢を重ねていくと、体のタンパク質は自然と減っていきます。

 

暑いからといって、さっぱりとしたそうめんやそばだけでなく、肉や卵、油も積極的にとって、夏バテや夏太りをしない体を作りましょう。

 

食べたもので体はできています。

 

バランスの良い食事で、この猛暑を乗り切りましょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ 高見でした