日焼け対策は食事から。

こんにちは、阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ の高見です。

 

まだまだ日焼けが気になる季節です。

衣服で肌を隠したり、日傘や帽子、日焼け止めを塗るなどして日焼け対策をされていると思います。

 

あとひとつ気をつけていただきたいのが食生活。

 

ある人は、

「日焼けとは炎症の1種で、日焼け対策の大部分は炎症を抑える食生活を送ることにあります」

と、おっしゃっています。

 

また、

「食事は、日焼け止めの代わりになるものではありませんが、食生活による日光対策はプールに入っても流れ落ちるものではない」

といわれる方も。

 

食事は日焼け対策にも大切なんですね。

 

日焼け対策に効果的な栄養素は。。。

良質の飽和脂肪。

オメガ3脂肪酸。

リコピン、βカロテン、ビタミンEなどの酸化防止剤です。

 

 

また、紫外線から身を守るために控えた方がいいものは、加工食品や砂糖などです。

 

具体的に、日光対策として特に効果的な栄養素を含む食材は。。。

トマトや赤い果物です。

トマトの赤い色は、カロテノイドのひとつであるリコピンという色素で、植物はこの色素を太陽から身を守るために活用しています。

 

カロテノイドを多く含んだ、鮮やかな色をした果物や野菜を摂取すると日光対策には有効です。

 

リコピン同様に、βカロテンを多く含むサツマイモやニンジン、カボチャなども日光対策として効果的です。

 

また、鮭やニシン、サバ、イワシなどの冷水魚には日光から肌を守る効果のある、オメガ3脂肪酸が多く含まれています。

 

その他、鮮やかな緑のブロッコリーや酸化防止剤が含まれているザクロ、ポリフェノールやカテキンが多く含まれている緑茶や抹茶、カカオ70%以上のダークチョコレート、アーモンドなどは、紫外線のダメージからお肌を守ってくれる栄養素が多く含まれています。

 

日焼けが気になる方は、少し意識してみて下さいね。

 

体の外側からと内側からと日焼け対策をしっかりして、この暑い猛暑を乗り切りましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ 高見でした。