簡単に体調を整える方法。

こんにちは、阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ の高見です。

 

毎日だるくて会社や自宅でぐったり。。。

 

頭、肩、背中、腰など体のあちこちが痛い。。。

 

とにかく疲れが取れない。。。

 

これといった原因はないのに体調不良を訴える方が多いです。

 

そんな方は、体のある部分を引っ張ってみるといいです。

 

そのある部分とは、「耳」です。

 

人は、目、鼻、口、耳といった感覚器官からストレスを受け、神経の疲れがたまっていきます。

 

それらの感覚器官は頭の中心にある蝶形骨につながっていて、その蝶形骨が感覚器官の緊張によって歪んだりこわばってしまうと、体のあちこちに不調が表れます。

 

蝶形骨は脳の前頭葉と視床下部を支えている骨で、体性神経や自律神経の通り道になっています。

 

なので蝶形骨が歪んだり緊張したりすると、体全体に悪影響を与えてしまいます。

 

また、蝶形骨の緊張は、呼吸の動き作っている横隔膜を介して全身に広がっているので、内臓や下半身の不調にもつながってしまいます。

 

そんな体調不良の原因になっている蝶形骨の緊張を解くポイントが「耳」です。

 

耳は頭の外側にある側頭骨にくっついていて、側頭骨は蝶形骨を挟んでいます。

 

耳を左右に引っ張ると側頭骨が横に広がるので、蝶形骨との間に遊びができて、緊張が解放されます。

 

また花粉症などのアレルギーや、目の疲れ、鼻炎、めまい、耳鳴り、頭痛、顎関節症など不快な症状がある方も、蝶形骨が歪んだり緊張してバランスがくずれている可能性があります。

 

思い当たる人は、耳を引っ張ってみましょう。

 

やり方は簡単。

 

立っていても座ってでもできます。

 

まず、姿勢を楽に真っすぐにして、視線を目の高さにして遠くに向けます。

 

次に両耳を指でつまみます。

その時、中指を耳のくぼみに軽く入れ、親指は耳の後ろに添えて耳の付け根あたりを軽くつまみます。

 

そして肘を軽く横に開くようにして、そのまま両耳を斜め後ろ方向に2〜3ミリ浮かせるように引っ張ります。

 

最初は1分ほど続けて下さい。

 

慣れてきたら、10秒ほどで緊張が解けるようになります。

 

注意するポイントはことは、耳を強く引っ張りすぎないこと。

 

強く引っ張りすぎると、耳だけが引っ張られ側頭骨と蝶形骨の間に隙間がつくりづらくなるます。

 

それと呼吸を止めないこと。

 

自然な呼吸に合わせて、息を吐くときに耳を引っ張り、吸う時に少し緩めるようにして下さい。

 

すると、頭の中心あたりに小さな隙間ができたように感じたり、呼吸に合わせて空気が通り抜ける感覚が分かるようになります。

 

感覚がつかめたら、疲れを感じたタイミングで10秒ほど耳を引っ張り、それを10回ほど続けてみて下さい。

 

1〜2週間くらいで効果が実感できるようになります。

 

耳を引っ張るだけなのでいつでもどこでもできますし、道具も要りません。

 

 

阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみの頭蓋骨美容小顔矯正は、頭蓋骨の骨盤とも言われるこの蝶形骨の調整から施術を始めます。

 

やり方が分からない、自分ですると長続きしない、また美容と健康の両方を手に入れたいって方はお気軽にお問い合わせくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ 高見でした。