むくみを解消する。

こんにちは、阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ の高見です。

 

むくみ。。。

 

ほとんどの方がむくみます。

 

むくみは病気じゃなくて、自分の健康に気をつけようという“警報”みたいなもの。

 

ところがまれに体の中に非常に悪い病気があるというサインにもなっています。

 

最も体がむくみやすい行動は、肉や魚を食べないダイエットです。

 

過剰なダイエットで肉や魚を食べないとタンパク質が不足し、体内の水分を回収できなくなりむくんでしまいます。

 

 

朝から仕事で机に座りっぱなし。。。

 

夕方には足がパンパンにむくんでしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

足のむくみのチェック法。

 

マッサージの棒や親指の腹などで足のすねの内側(弁慶の泣き所)を強く押した後、5秒経ってもくぼみが元に戻らなければむくんでいます。

 

むくみは女性だけでなく、当然男性もむくみます。

 

ただ男性はむくんでいるのに気がつかない方が多いようです。

 

足のむくみは男女に関係なく必然的に起こる現象で、約2時間ぐらいじっとしていると足の毛細血管からでた水分が戻ってこなくなってしまいます。

 

じっとしていれば誰でも2時間でむくんでしまうんです。

 

中には自覚症状がないのにむくんでいる方もおられます。

 

むくみは十分な睡眠をすれば解消できるので、朝むくみのチェックをしてむくんでいたら病気のサインの可能性があるので注意が必要です。

 

そもそもなんでむくむのか?

 

血液は心臓をポンプにして動脈に押し出され全身に送られます。

 

健康な場合、血管から水分の1部がしみだし、細胞の隙間に流れ込んで疲労物質を回収して、静脈とリンパ管に戻っていきます。

 

この時、水を戻すポンプの役割を果たすのが足の周りの筋肉です。

 

しかし、長時間座ったままでいるとポンプとなる足の筋肉が動かないため、血管と細胞の間に水分が溜まった状態のままになりむくんでしまうんです。

 

またリンパ管の働きはむくみと密接な関わりがあります。

 

リンパ液は、足のほうから徐々に上に流れていき、ソケイ部のリンパ節を通ってお腹の中に入り、胸の管を通って鎖骨近くのリンパ節に流れていき、静脈に戻っていきます。

 

むくみを解消する方法。

 

@足の筋肉を動かす。

 

A腹式呼吸をする。

 

B心臓より上に足を置く。

 

@とBは何となくご理解いただけると思いますが、Aの腹式呼吸は???

 

お腹には太い静脈やリンパ管が通っています。

 

腹式呼吸で息を吸うと肺を大きく膨らませるため横隔膜が下がります。

 

その時お腹の筋肉が収縮し腹部に圧力がかかるため、静脈やリンパ管が押されます。

 

反対に息を吐くと腹部の圧力が弱まり、静脈やリンパ管に血液やリンパ液が勢いよく流れます。

 

それにより足の水分が引っ張り上げられ、むくみが解消します。

 

むくみが気になる方は、休憩時間にトイレに行くときなど1つ上の階に階段を使って行くなどして足の筋肉を動かしましょう。

 

それとリンパマッサージをして足のリンパ液をうまく流してあげることが大切です。

 

リンパマッサージはただむくみを解消するだけでなく、さらに重要な役割があります。

 

血管からもれた細胞の間にたまった水分の中には、老廃物や細菌などの有害な物質がたくさん含まれています。

 

この有害な物質をアルブミンというタンパク質成分が吸着して体をキレイにしてくれます。

 

しかし、有害な物質を吸着して大きくなったアルブミンは静脈の壁を通過できません。

 

そこで、リンパ管を通って回収されます。

 

そのためリンパ管の流れが悪くなると、細胞にも老廃物が溜まってしまい、足がだるくなったり疲れやすくなったりします。

 

足のむくみはほっといてはいけません。

 

そこでむくみや疲れが取れる簡単なリンパマッサージ法をご紹介。

 

まず床に両足を伸ばして座ります。

 

そして足のソケイ部(付け根辺り)にあるリンパ節を指圧ていどの強さで10回ほどほぐします。

 

次に膝の裏にあるリンパ節を同じように10回程度ほぐします。

 

ほぐし終わったら、両手で膝のほうからソケイ部に向かって優しくなでるように手をずらしていきます。

 

10回程度行います。

 

感覚は猫をなでるように手を皮膚にピタッとつけてゆっくりなでます。

 

必ず膝からソケイ部にいったら、もう1回膝に戻ってなでて下さいね。

 

次に足首からソケイ部に向かってやや強めに一気に流します。

 

これも10回ぐらい行って下さい。

 

反対の足も同様に行います。

 

リンパマッサージは足以外にも効果があり、顔がむくんではれぼったいって方は、顔の皮膚の軟らかい部分、目の周りや、鼻の両サイド、口の周り、耳の下から首の辺りを優しくなでながら、左の鎖骨に向かって流すようにして下さい。

 

すると顔もスッキリし細くなりますよ。

 

リンパマッサージをすると、体を守るリンパ球が多く出てきて抵抗力が増し体が丈夫にもなりますので、お風呂上りや寝る前にでもお試しくださいね。

 

ご自分でするのは面倒だって方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ 高見でした。