自分史上最も美しくなる。

こんにちは、阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ の高見です。

 

「女優さんやモデルさんのように小顔になりたい。。。」

 

このように小顔に憧れている方は少なくありません。

 

まず小顔になるためには、自分の顔の特徴を知ることが大切です。

 

顔が大きく見える原因。。。

 

例えば、むくみや噛みしめる癖などで筋肉が発達しすぎてエラが張っている、それに脂肪の付きすぎなどがありますね。

 

小顔を目指すには、まず自分の生活習慣や癖を見直すところから始めたらいいと思います。

 

小顔になると顔というフレームがキュッと小さくなるので、目や鼻、口といった自分の持っているパーツが際立ってきます。

 

鼻が高くスッキリ見えたり、口元も口角が上がって見えたり、目も奥二重だったのが二重になったり。

 

メークも大事ですが、家でケアしてあげるだけで、もっと映える顔になります。

 

あなたの持っている実力が表に出るようになるんです。

 

僕の考える小顔。。。

それは他の人と比べて相対的に小さいかではなく、自分史上の中で一番小さい状態を保てること と考えています。

 

そこで簡単にできる自宅でのケアをご紹介。

 

自宅でのケアは、顔の筋肉を鍛えてストレッチすることで、老廃物や脂肪を流し小顔に導きます。

 

やり方は簡単。

 

使うのは手のみです。

 

まずは 『ほ』 の字の口のトレーニング。

 

口を 「ほ」 の字にして表情筋を伸ばし、そのまま舌で内側のほおを押します。

 

左右5回繰り返します。

 

これは舌骨筋に働きかけます。

 

舌骨筋は人の身体で唯一つながっていない骨「舌骨」を支えている筋肉で、のどの奥深いところの筋肉です。

 

ここを鍛えると、将来的にたるみとか二重あごをを防ぐことができ、滑舌も良くなります。

 

次はほおを風船のように膨らますエクササイズ。

 

ほうれい線の予防になります。

 

ほおを膨らませて、手のひらで押しながら緩めます。

 

内側からの抵抗を感じながら10回行います。

 

次は舌のトレーニング。

 

二重あごの予防に効果があります。

 

舌をペコちゃんのように左上に突き出し、上唇を触りながら右にスライドさせます。

 

左右に大きく5往復行います。

 

最後は即効性のあるマッサージ。

 

ほお骨の下のくぼみにある脂肪を、親指の下の膨らんだところで上にプッシュして、グルグルと外側に回しながら耳前のくぼみに流します。

 

いた気持ちいい圧で行ってくださいね。

 

5回ほど繰り返せば、脂肪が流れて顔がスッキリします。

 

4つすべて行っても3分ほどです。

 

しかもメークの上からでも出来ます。

 

まずは1日1回。

 

自分のできるペースからスタートしましょう。

 

慣れるまでは鏡の前でやるのがいいかも。

 

毎日3分、3か月続ければ必ず変わります。

 

美は1日にしてならずです。

 

憧れの小顔になるためのスタートを切りましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ 高見でした。